財政を家計に例えるなら…

 ブログを始めることにしました。
 さっそくですが、財政を家計に例えるなら…というのを、私なりに考えてみました。財政を家計に例えるなら…というのは、朝日新聞の十八番なんですが、いつも何だかなあと思うので、対抗して考えてみました。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 ある大家族がいます。この大家族は、家族みんなを働きやすくしたり、安心して暮らせるようにしたりするための仕組みをつくっています。この仕組みにお金がいるので、みんなでお金を出しあうことにしています。

 この大家族のみんなには、お金になる仕事とあまりお金にならない仕事が割り当てられることになっています。でも、家族のみんなは、それは仕方がないと考えています。だって、頑張る人がお金になる仕事をするようにすれば、みんな頑張るもんね。
 それで、この大家族には、とてもお金持ちな人と、生活が苦しい人がいます。なかには、借金をしている人もいます。

 さて、この大家族に大問題が発生しました。家族のための仕組のお金が足りなくなったのです。というか、大借金です。だから、「出しあうお金をもっと増やして、借金をなくそう」と主張する人が出てきました。「自分たちが生きている間に借金を返さないと、無責任だ」という人もいます。

 ところで、この大家族は借金まみれなのかというと、世界でも稀なお金持ち家族です。
 え? でも、大借金なんでしょって? いえいえ、家族のための仕組みが、大借金なだけです。
 言っている意味が分からないって? う〜ん、つまり、家族の仕組みのために、家族のなかのお金持ちの人に、お金を借りているんです。利子付きで。家族全体では、世界でも稀なお金持ちです。

 じゃあ、もう借金をちゃらにすればって? 家族でしょって? お金持ちの人は家族のための仕組みのおかげでお金持ちなんでしょって?
 そうですね。それもいいかもしれませんね。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ご意見くださいませ。

そもそも

 今、財政危機とか金融危機とか騒がれているけど、そもそも、財の生産やサービスの提供が止まったり減らなければ、本当は問題ないはずなんだよね。で、本当は、お金とか金融とかなくても資源と労働力さえあれば、うまく工夫すれば、財の生産やサービスの提供は止まることも減ることもないんじゃないかな? どうなのかな?
 これって、資本主義とかそういう問題なんだろうね。これぞ経済の問題!なんだろうね。

スポーツについて思うこと

 スポーツが規範と結び付くのって、すごく危険だと思う。
 スポーツって、現実の中に、ある意味バーチャルな世界を作り出して、現実では体験できない(あるいは体験できてはならない)ものを、体験できるっていう側面があると思う。 へたに現実の中で体験できるから、そこで体験できるようなことこそ、真実、価値あるもの、みたいにとらえて、そこに必要な態度・規範を、本来の現実世界に持ち込み、周りをまき込んでいくような人たちっていると思うけど、危ないと思う。

 どういうことかというと、まず、スポーツって、勝ち負けをはっきりさせるとか、敵味方を分けるとか、ルールをはっきりさせるとか、複雑でいろいろな事情のある現実の社会では、そんなにすっきりさせられないことをすっきりさせた、仮想の現実の上に成り立っているって側面があるということ。
 それから、勝利や記録など、目標を所与のものとして、その目標に対して自己を合理的に管理する態度を育む側面があるということ。 これは、「そもそもなんのため?」と問う態度が育まれていないと、案外けっこう危険だと思う。…自分だけでなく他人にも、「○○のためだろ!」と要求するようなことにもなるし。 将来、社会人になって、「会社のため」とか言って、それを社会のみんながやって、社会主義のいう資本の論理による人間疎外、みたいなことにつながる面もあると思う。…勝ち負け思考とか、敵味方思考が広がっていると、なおさら。
 ちなみに、スポーツって、とくに部活が頭にあるのだけれど、部活って、レベルがあがってくると、家族とかまでまきこんで、みんなであらゆる条件を整えて、部活だけに専念!みたいになってくる。多分、体育会系が就職で喜ばれる(まだそうなのかな?)ってのは、その、部活だけに専念!ってのを、仕事だけに専念!ってしてもらえればよい、という理由もあると思う。
 それから、日本の教育現場では、なんだかんだ言って部活が重要で、とくにいわゆる成績的に中間層以下の真面目な子たちの人間形成が、なんだかんだ言ってかなり部活でされているようにみえる。
 それから、日本では、部活や学校行事などで感動したり一体感を味わったりして、それを求めて教師をめざす子が多いから(別にそれ自体は悪いことではないけどね)、けっこう、勝ち負け思考や敵味方思考を無邪気に広げる超熱心な(自分の家庭をまったく顧みないほど超熱心な)先生が多いような気がする。…で、けっこう、こういう先生の態度は、将来先生になる愛弟子に、再生産される。
 それから、そういう人たちって、おうおうにして「プライド」にこだわる。…自称「練習だけは日本一」の部活が全国に大量にあるのは、ある意味その一例。なんか、自分たちがすごくないといけないんだよね。で、おうおうにして、他の人たちを見下すんだよね。

 ちなみに部活だけじゃない。進学校の先生は、自分の生徒が他の生徒に勝って志望校に合格して一緒に感動することをめざすし、実業校の先生は、自分の生徒が他の生徒に勝って就職を勝ちとって一緒に感動することをめざす。けっこう、自分の生徒だけに、スペシャルな、ほんといろんな意味でスペシャルな、方法を工夫しようとしたりしてまで。で、この子が喜ぶ分、泣く子もいるとか、あんまり考えないし、世の中全体として、どういう子がどういうところに本来行くべきかとか、あんまり考えない。これもスポーツ的な勝ち負け思考、敵味方思考じゃないかな、と思う。

 もちろん、これらは極端なモデルを描き出しただけだけどね。

 あと、それから、最近は、巨大スポーツの応援の非日常的な体験に昂揚感を見出して、その感覚を他の場面にも求めたがる人も多い気がするし。

「日教組」はなぜ「負けた」のか

 今の状況を見てると、「日教組」はなぜ「負けた」のか、ということが考えられるべきだよな、と改めて思うよね。どこかに研究とか著作とかブログとかあるのかな。

 

 そういえば今の首相って、卑屈さと歪んだ優越感の滲み出た表情で、「ニッキョーソ、ニッキョーソ」って気持ちよさそう?に言う奴だよな、って思い出した。

そういえば、ふるさと納税のことは?

 ふと思い出した…というか、総務省泉佐野市のバトルみたいな記事をみて思い出したんだけど、そういえば、ふるさと納税の是非って、今回の選挙じゃ、ぜんぜん語られてないよね? それで間違ってないかな? 生活が苦しい人によりそう、山本のれ新は? 共産党はどうかな? やっぱり、なにも言ってないよね?

 

 これって、それをあえて言えば、党の人気を落とすということ? だったら、まだまだ、な~んにもかわらないよね。媚びを売るべきはこんな制度の恩恵を得て、それを続けてほしいと思っている人たちってか? ほんと、くそみたい。

2019 参院選 分析ごっこ 比例区(立民、民民、れ新) 選挙区(大阪)

 今回の選挙について、比例区について感じたことは、次の2つ。

  • 立民や民民の比例区は、大きく見ると、タレント候補も、マイノリティ代表候補も、結局、大手労組系候補の肥やしになるよね
  • ネットやマスコミではワーキングプアの人たちによる山本太郎への支持が注目されたけど、結局、ワープア代表的候補の個人名の得票は少なかったのね

 

 1つ目のことについては、立民については、市井紗耶香が次点に終わったのが印象的だけど、上位5人は組織票のある労組系候補で占められている。ただ、正確には、むしろ、それに続く、川田、石川、須藤の3人の当選に、市井や「筆談ホステス」やおしどりマコや土壇場移籍の藤田幸久なんかが貢献したんだなぁということだと思う。…須藤って人、どうなんだろう? 全然知らない人だけど…。民民については、もともと、労組系候補を党に職がある候補がサポートする形の候補者の構成で、結果、上位は労組系が占めて、そのうち3人が当選している。でも、東芝労組の人は落ちているけどね。

 

 この2つの党の比例区の得票状況を見て少し驚くのは、民民では、20万票近くもの個人名得票の候補も落ちているということ。ちなみに、市井紗耶香の得票は約5万票。これは逆に言えば、党名での得票が少なかったということだろう。しかし、組織票というのはこれほどの集票力があるのだから、もし、この制度で誰かタレントなどを投票させたい人たちがいるのなら、何が何でも個人名での投票を押していかないといけない、でも、それは歪んだ形で党の得票に大貢献することになる、ということなんだろう。そして、こうした党ではやはり、組織の影響力というのが大きいのだろうね。その点では、約790万の得票のうち党名の得票が約670万ある立民と、約350万の得票に対して党名の得票が約220万の民民とでは、党の性格が異なってくるのだろうね。

 

 次に、れ新についてだけど、ワーキングプアの代表的な位置づけの候補は、シングルマザーで元派遣労働者の渡辺照子氏と、元コンビニオーナーの三井義文氏だけれども、それぞれ得票は約5千票と4千票しかなく、れ新のなかでも、下から3番目と1番目の得票しかない。これは、本当にれ新がワーキングプアの人たちから支持を集めたとして、その多くは、山本の得票の約100万票の一部になった、あるいは党名での投票になったと解釈すればよいのかな。いずれにしても、れ新については、これからの活動こそ、よく見極めていかなければならないよね。ところで、れ新の候補者のなかで大西という人がいて、2万票を集めて、山本、蓮池氏についで3番目の得票なんだけど、どんな人なんだろう?と思って少し見てみたら、少しユニークな経済理論?を主張している人みたいね。

 

 

 さて、もう1つ、大阪について少し調べてみたんだけど、それは、kojitakenさんの『鍋パーティのブログ』で書きかけの、「再分配の重視を求める人こそ共助を重視しよう」*1に関係して、だったら、本当は、データ的にも、勝部麗子さんが活躍する豊中市の結果は再分配が重視されそうな結果になるはずだよな、ということをいちおう確かめた方がよいのかなと思ったわけで…。ま、でも、そんなに都合のよい話には、やっぱりならないのだけど…。豊中は、大阪・東大阪と吹田・高槻との中間的な結果といえるのかな…。どの点でも特別な感じはない。でも、せっかく調べたのだから、そのデータを紹介しようということなんです。

 

 っで、大阪の主要都市間で、候補者別の得票に違いが見られるかということを調べてみた訳です。次の2つの資料↓をもとに、

 

http://www2.senkyo.pref.osaka.jp/sokuho/san/data/kaisen201907220351.pdf

http://www2.senkyo.pref.osaka.jp/sokuho/san/data/tousen201907211900.pdf

 

次の表↓を作り、

f:id:suterakuso:20190723000441j:plain


それから、次のように↓得票率を比べました。

f:id:suterakuso:20190723001038j:plain

ピンクが大阪府全体を上回っているところ。分かりにくいけど、太字は2ポイント以上上回っていて、斜字は2ポイント以上下回っている。

 

 基本、顕著な差はないんだよね。もちろん、大阪や東大阪は維新が強いんだけど、それも5ポイント差もないような数ポイントでしかない。公明の杉が高槻でかなり低いなとか、立民のかめいしが高槻で妙に強いなとかはあるけど、それも府全体と5~6ポイント程度の差。あとは、少しだけだけど、維新がちょっと弱いところは、かめいしが強くて太田もちょっと強く、たつみはふつうで、杉は弱いのかな(でも、結局、どこも維新が圧倒的に強い)。

 

 これを維新は維新、「野党共闘」は「野党共闘」でまとめたら、次のようになった。

f:id:suterakuso:20190723004033j:plain

 

 投票者に占める割合ではなくて、有権者に占める割合も見ておこうかと思い、「絶対得票率」の表も作ってみた。

f:id:suterakuso:20190723002757j:plain

 

 これを同様に維新は維新、「野党共闘」は「野党共闘」でまとめたのは次の表。

f:id:suterakuso:20190723004213j:plain

 

 少し面白いのは、こうして、絶対得票率、つまり、その人に投票した人が有権者のどのくらいを占めるのかで見ると、今回けっこう投票率が高かった、かつ「野党共闘」系が他市より強かった、吹田、高槻、枚方は、維新への投票も大阪府全体とほとんど変わらないということかな。

山本太郎の選挙戦略から連想して思うこと

 こちらのコメント欄↓でも書いたが、

 

kojitaken.hatenablog.com

kojitaken.hatenablog.com

 

山本太郎が、難病や障害の当事者を参院選の候補者に擁立したことは、そして自分自身の当選よりも彼らの当選の方が制度的に優先されるようにしたことは、山本が、彼らに代表権を与えたいと思った人たちの思いを裏切らない限りにおいて、評価したいと思う。それは、彼らが、尊厳を持ってこの社会で生きていくためにたくさんの社会変革を求めていく必要がある立場にあるにも関わらず、現在、自分たちの代表者を持たないからである。

 

 ただし、こうした人たちが候補者として前面に打ち出されたからこそ、山本に期待を寄せる人たちとの関係で、バランスが悪くなったのではないかと思う点がある。それは、山本の政治団体の要求が、サービスの利用者側からの要求に偏ってしまわないかと思われる点である。

 

 次の記事にあるように、山本には、いわゆるワーキングプアの人たちの一部から、熱烈な期待が寄せられていると言われている(ネット上には、寄付の額などについて、それを疑う声が散見されることを付け足す必要はあると思うが)。


digital.asahi.com

 

 サービスの利用者と対置されるのが、サービスの提供者である。サービスの提供者の側面から社会を階層的に見る時、

  • 資本を所有してそれを運用させることで利益を得る階層
  • 資本を運用したり、商品の開発にあたったり、組織の運営にあたったり、販路の獲得にあたったりして、比較的高額の所得を得る階層
  • 商品の生産や利用者への対応にともなうストレスにさらされながら、小額の所得しか得ることができない階層

の3つの階層に大雑把に分けることができると思う。ワーキングプアとは、もちろん、3番目の階層に属する人たちである。山本が彼らの一部の人たちから熱烈な支持を受け、そのなけなしのお金から寄付をも受けているというのなら、やはり、彼らの思いの象徴たる人も、優先順位の高い候補者として擁立すべきだったのではないか(もちろん、比例代表の候補者に元コンビニ店オーナーや元派遣社員がいて、そうした視点からも一定の評価ができると言うべきだとは思うが)。

 

 ことに、現在、その働きに社会的な要求が高まっている一方で、きわめて劣悪な労働条件が問題となっているのが、介護・福祉職の現場労働者たちである。そして、山本が特別枠として擁立した候補者2人は、彼らが提供するサービスを利用する立場にある人たちでもある。このように考えると、山本の支持者とされる人たちの要求に応えるためには、介護・福祉の現場労働者の声を代表する人も上位の候補者として擁立した方が、バランスがよかったと言えるのではないだろうか。

 

 話をさらに広げると、こうしたことが求められるのは、山本の政治団体に限った話ではないのではないか。政権批判側のすべての勢力が、こうした視点からの要求をもっともっと強く打ち出すべきなのではないか。これは、あの「保育園落ちた!日本死ね!」騒動のことを思い出させることでもある。あの騒動も、サービスの利用者側からの要求によって起きたものであった。ここで、あの騒動について、2つのことに注目したい。1つは、保育園の定員を増やすということ自体は、結局、政権側も含めて、どの勢力にも共通した政策目標に掲げられるようになったということだ(ここでは、その形式性のことは、とりあえずおいておくが)。そして、もう一つは、あの騒動の最中に、大きく取り上げられたとは決して言えないが、保育士や非正規労働者などの間から、騒動の盛り上がりに対するひがみのような怨嗟の声も聞こえたということだ。

 

 これは、利用者側からの要求は、様々な要求が、少なくとも形式的には、政策として掲げられやすいのに対して、商品の提供者として最下層にある人たちからの要求は、本当はその要求を持つ人たちがとても多く、そしてその要求が切迫したものであるにも関わらず、あまり取り合ってもらえていないことによるものではないか。また、利用者側からの切迫した要求が、当然のことながら、商品の提供者として最下層にある人たちの切迫した要求と必ずしも重ならないことによるものではないか。例えば、保育園を利用する家庭には、ワーキングプアにあえぐシングルマザーの家庭もあるが、高額のダブル・インカムの家庭もあり、ワーキングプアにあえぐ人には、幼い子どもがいる人もいれば、いない人もいるのである。そして、このようなことを考えた時、この社会の政治システムは、この階層を固定化する方向で強固に構築されているのではないか。あらためて、そのように思うのである。